耳鳴りを放置すると危険!突発性難聴やメニエール病の可能性も

このエントリーをはてなブックマークに追加

衰えた聴力を補える

ウーマン

衰えた聴力を補うものが補聴器です。聞こえにくさは人それぞれなので、自分に合ったタイプの補聴器を選ぶようにします。購入前にはフィッティングをさせてくれる販売店を選びましょう。補聴器はメンテナンスが必要なので、行きやすい場所にある販売店がいいです。

もっと読む

不快な耳の症状に対処する

耳

検査で分かること

耳鳴りが起こる原因は人によって実に多様です。なかには耳そのものではなく自律神経失調症や更年期障害から耳鳴りが発症することもあります。自律神経失調症から生まれている耳鳴りは、検査を受けてみると聴力の低下が見られません。耳そのものの以上があるケースとは異なりますので注意しましょう。また耳鳴りは脳の病気や疲労から発症することもあります。なかには症状が軽度で治療の必要がないものもありますので、医師に相談して状態を確かめることが大切です。一般的にこうした症状が現れた場合、お酒の摂取は控えることを推奨されています。耳鳴りが酷くなってしまうこともありますので注意しましょう。また中には喫煙を禁止する医師もおられます。

初期症状の注意

耳鳴りとは耳の中で特定の音が鳴る症状です。キーンと言う聞き慣れない音だけでなく、ゴツゴツと言う物理的に何かが当たるような音がすることもあるのです。耳鳴りは原因に応じて治療方法が異なりますから、まずは耳鼻科に足を運んでみましょう。耳鳴りがした際に注意したいのが突発性難聴やメニエール病です。こうした病を発症した場合、聴力が低下してしまいます。耳鳴りは突発性難聴などの初期症状として現れるケースがありますので、そうした場合はすぐさま治療を受けましょう。耳鳴りの他にも眩暈や吐き気などの症状がある場合は特に注意が必要です。特に突発性難聴は発症後どのくらいの時間で治療を受けたのかによって経過が変化する病です。

耳の衰えをカバーします

男女

高齢に伴い聴力が衰えていきます。人により聴力レベルが異なるため、聞こえにくさも人によりさまざまです。補聴器を装用する際には聴力レベルをしっかり測定し、両耳装用をすると聞こえの幅が広がります。耳に負担を掛けずに聞こえを改善させるために専門医にしっかり相談しましょう。

もっと読む

耳の聴こえが気になったら

女の人

補聴器は高額な商品ですが、レンタルサービスなどを扱う会社も多くなっています。リーズナブルな価格でお試しをすることができたり、レンタル期間中に調整などを行ってくれるため自分に合うものを見つけやすいのが特徴です。

もっと読む